« 明るいBar(Entrada de Calle) | トップページ | チェック »

2010年3月13日 (土)

中国の「ダンアン」

暇な仕事だったので、1冊本を持って行きました。

P1130312「変容する中国の労働法」

中国の労働法は一度読まなくちゃ
と思いながら、はや2年。(汗)

ひょんなきっかけでこの本を見つけ
少しだけ読んでみたら
なかなか面白いです♪

へーーーーそうなんだ!という感じ。

たとえば

日本では現在のところ、25%割増の残業。
中国では50%なのだと。(日本もまもなく追いつきます)

もっと驚いたのは、振替休日が与えられない場合
通常賃金の150%を支払うこと。
法定休日の場合になると、なんと300%!!

休日に対する意識が、日本とは大きく違うんでしょうね。
もっとも、これがどれだけ遵守されているのかは不明。

そしてさらに恐ろしいものがありました。

中国では、小学校卒業時から「ダンアン」が作成されます。

そしてこの「ダンアン」は大人になると人事考課に使用され
死ぬまで、いえ、死んでからも保存されるのだと!

「ダンアン」・・・成績表の記録をしたものです。
小学校の成績が、就職にまでついてまわるとは・・。

« 明るいBar(Entrada de Calle) | トップページ | チェック »

働く日常」カテゴリの記事

コメント

エエェッッ( ̄○ ̄;)
小学校の成績が死ぬまでかぁ~参ったなぁ…
(; ̄_ ̄)=3
まっ、いいかっ!
中国行かないもん!(^_^;)


小学校の頃は、大したことないぞ~~って思ってた子が、高校の理数科あたりで、メッチャ成績伸ばしてたりしてたよね!(^_^;)
ほぼ、男子ね!

アタシ、身長も勉強もぐぅ~~~んと伸びた記憶無いね~
( ̄○ ̄;)。。。。


秋田のお局♪さま 
小学校の頃の成績表が一生ついてまわるかと思ったら、恐ろしすぎます。日本人でよかったね、お互い♪

>身長も勉強もぐぅ~~~んと伸びた記憶無い
いいのです。ぐぅぅ~~~んじゃなくても。
これからはむしろ伸びないどころか後退していくことに歯止めをかけなくては!!

これって中国のどの部分を言うんだろう・・・

あの国ほど、場所と貧富の差で違うものってないだろうなーと思ってるのだけど。

北京と上海でも違うし。

でも一つわかっているのは、中国は今まさに日本のかつての高度成長期みたいな時期にいることだね~。

この前、上海から取引先さんがやってきて、秋葉原を案内したら、
デジカメを13個買ってったよ・・・
「友達や家族が買ってきて!って言って~。」って。。。

まき子さん

さらっと読んだので記憶が定かじゃないけれど
確か「一部農業を営む人をのぞいて」全ての人に適用されるって書いてあったような・・。

ただ、こういうのって日本の労働法もそうだけど、実態は違うものね。
なので私も、中国の労働法はどの程度文面通りなんだろう?と興味ありです。
でも、中国で労働三法ができたってことがすごいのと
日本は50年近く前にできた労働法が、ほぼそのまま運用されてることもすごいな~と思ってしまった。

デジカメ13個・・・・
私もその人の友達になりたいです。
欲しいよ~~デジカメ!

この記事へのコメントは終了しました。

« 明るいBar(Entrada de Calle) | トップページ | チェック »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ