« 思い出話 | トップページ | 身体が喜ぶ♪(野菜亭) »

2009年9月16日 (水)

法改正で

今日は、就業規則の改定についてお客さんのところで打ち合わせ。

来年4月に労働基準法の改正がありますが、それに合わせて準備・・・&その他もろもろの打ち合わせでした。

とりあえず、従業員さんに一番わかりやすい有給休暇
今は基本的に1日単位(既定があれば半日単位もOK)ですが
法改正後は、労使協定を結べば「時間単位」もOKになります。

さて・・・
時間単位付与に対する会社の反応はいかに??

「そりゃ~管理が面倒くさいからヤダ!」

・・・はい。そのとおり。
普通はそう言うと思います。

でも、法改正されたってことは、必要があるからそうなったんです。

自社の社員さん、パートさん等々で、時間で休めたらなぁ~という人がいないかどうかをまずちゃんと見て、必要がありそうなら面倒臭いなんて言わず前向きに考えてもらえたらと思います。

必要なければ無理に導入する必要はないと思います♪
(なんて言っていいのかな・・・)

今日は政権交代という新しい扉が開いた日になりました。
夜中なのに新閣僚会見の生中継。
決まったからには、もう足の引っ張り合いはやめて欲しいです。

年寄り大臣はもうたくさんだ!と思っていたけれど
藤井大臣はそんなことを思わせない話しっぷりでした。

« 思い出話 | トップページ | 身体が喜ぶ♪(野菜亭) »

働く日常」カテゴリの記事

コメント

もう少しで80歳になろうとは思えない明晰さですね。円も揺らいでしまう説得力です。円高に誘導するようですが真意はどこなのか。興味がつきません。

対官僚が鮮明ですね。人数を増やして権限を薄めてしまう作戦のようです。
次官の会見禁止はポピュリズムを渡さないための布石でしょう。
縦割りを逆手に取って次官の権限が及ばない他省庁に跨がせてトップダウンも狙っているよう。
スピード感ある法整備が出来るかが肝だと思います。

視ていると放置されていた問題が多いことにあらためて気づきます。竹下政権時代に斜陽産業だった非鉄金属を成長が見込まれたソフトウエアと引き換えてしまった時から自民は機能していなかったような気がします。失われた年月、金、命、技術、プライド、主権。取り戻すのは容易ではありません。

超過勤務に関する改正に関しては、完全失業率が6%に迫る勢い、企業内余剰人員600万人超といわれる現在、タイムリーではないですものね。それでも、36協定ですら「なぁなぁ」ですませてしまう一部産業も存在しますが、使われる側が一揆であるとか、謀反でも起こさない限り職場の環境は変えられません。ところが、そういう勤務先に勤めている人に限って、普段は荒くれ者っぽいにもかかわらず、会社に対してはおとなしい…。

時間単位の有給は、これまで予定がたっていても、遅刻であるとか、早退(もしくは、ほんの数時のためにまるごと休む)でしか対応できなかったわけですから、朗報。使われる側こそ、きちんとその内容を知って、労使協定締結しとくべきだと思います。病気や怪我で通院、なんてことは、誰にだってあることですから。

時間単位の有給休暇は嬉しい!
今は最短で半休しか取れないけど、
もし、ちょっと病院に寄ってから会社行きたいなんて場合に、
1時間くらい遅れる程度で半休取るのは勿体無いから、
「遅刻」にするしかないんだ。

でも・・・従業員が多ければ多いほど、面倒だろうなぁ(笑)。

★To bleu et rouge :
本当に、柔らかさを強さを秘めた話っぷりだったと思います。ムダに権力争いで年月を費やしてこなかった・・ような人に思えました。

いよいよ、これからですね。
長い間、別世界で何をしているのかよくわからない政治の世界が、少し国民目線に近づいてくれたのだろうとは思いますが、偉い人っていうのはすぐにまたどこか違うものを目指してしまいそうなので、私たちの声が届く場所でいつまで踏ん張れるか。傍観するだけでなく、ちゃんとみんなで声をあげることも忘れないようにしたいです。

★To たっぱ :
36協定の存在も、代休の消化方法も、まだキッチリと守られていないのに、今回の法改正は意味があるのだろうか・・とせいせいしない気持ちではありますが、有給の時間単位取得はメリットがあるなって思いました。
積極的に取り入れたい会社もありますよね。
でも、やっぱり会社は自分のところの社員がどんな人なのを良くみて、この制度が上手に活用できるのかいろいろ想像してみて欲しいです。
せっかく取り入れても、変なトラブルを起こすことになるなら導入しない方が良いだろうし。
どんな制度でも、導入する時には良く考え、丁寧に説明って必要ですね♪

★To まき子 :
従業員が多かったら面倒くさそうだけど、きっとそういうところは、良い給与システム使ってるから、すぐに時間単位取得に対応したものができるから大丈夫に違いない。
むしろ手で勤怠管理している100人くらいの会社あたりが心配~

まっきーみたいに、さっさと物事片付けちゃう人には時間単位付与は役立ちそうだね。
半休で1時間病院いって、残りは会社の近くで飲んで待ってるってわけにはいかないもんね(笑)


みなさんの熱いコメントが・・・すごい

今日、入社3年目のスタッフ♂にいろいろ話をしたところでした。。
(仕事に慣れて雑になる時期です
働く人と会社側・・・反対側にいるのではなく・・・
お互いに支えあっている関係。
働きやすくするのは会社の当然のことです。
やはり、時間で休めるのはすごくいいよね。。
うちも、半日単位の有給を認めているけど・・
子供のいる家庭には・・・やはりいい制度だと思うよね。。

★To 秋田のお局♪ :
熱いわよね(笑)
あっちのブログではありえなさそうなコメントで。

時間単位の有給は、やっぱり子育て中のお母さんに良いようにっていうのが最初の目的みたい。
本来は「一日休んでリフレッシュしてまたしっかり働いてね」っていう有給休暇だけど、取れない人が多いなら時間でもいいんじゃない?っていう流れで。

子供の看護休暇が認められたり、育児休業の延長ができるようになったりと、いろいろ子育て支援する法整備はされてきているけど、なかなか現実的には厳しくて・・・でも、この時間単位はすぐに使えそうな便利な制度だと思う。
narumiちゃんちも導入する?
でも、一番使いたいのはnarumiちゃん?(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 思い出話 | トップページ | 身体が喜ぶ♪(野菜亭) »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ