« 身体が喜ぶ♪(野菜亭) | トップページ | タローさんの言葉 »

2009年9月18日 (金)

女子高生の会話

エレベーターに乗ると、大人に混じって2人の女子高生がいました。
その2人の会話に、乗り合わせた大人達の耳はダンボ状態(笑)

女子高生A「やばいよ、今月もうお金ないんだよね」

女子高生B「うっそ、お小遣いもらえば?」

「今月使い過ぎちゃって、もうママから貰えないんだぁ」

「マジで?使い過ぎって、いくら?」

「えっとねー3万。あ、4万だ!」

「うっそ」

「だから使い過ぎって、ママに怒られちゃって」

「で、何に使った?」

「うん、雑貨屋さん行ったからさぁ、色々とね

「ふぅ~ん、そうなんだ」

周囲にいた大人たちは、絶対に心の中で
「ぬぁ~にぃぃぃ~!?」
と思ったことでしょう。

不景気でお小遣い減らされている世の中のお父さん。
娘は「雑貨に4万円だそうですよーーー(笑)

« 身体が喜ぶ♪(野菜亭) | トップページ | タローさんの言葉 »

どうでも良い日常」カテゴリの記事

コメント

雑貨に4万使った(雑貨に使うことはないが)とすると、私の場合昼食は松屋に行き続けるしかないです。いつも外食ではないのでかろうじて松屋には行けそうです。

娘を連れている弟夫婦をみていると、案外、男や薬や酒じゃないんだから、いいことだわ、なんて思うのかもしれない、と考えてしまいました。

ところが、お金を使いなれてしまうと、そちらの方面にもスルスルーっと使うようになってしまうんだよなぁ。

お金は本来、貯めるため、よりも使うため、に存在するものなのだけど、使いたいだけ使えるものではないっ!!てことは、独立する前に教えてあげて欲しいです。

えっ!?ウッソォ~~~!マジで~~

我が家の1ヶ月の食費くらいじゃん!( ̄○ ̄;)
(夏は畑で育てた野菜が取れたり、知り合いの農家さんよりいただきもの多くて・・・です)
我が家は外食しないし~~~(^_^;)

今のアタシ、働いてても4万円ってお金、自由に使えない…身分(^_^;)

この女子校生、もし自分が働いた時にもらう給料を不満に思う気がする!
それって、ある意味不幸だよねぇ!

そうやって、日本国民全員が積極的にお金を使うと日本経済が上向くのだが…。

再見!!!

★To g-san1101 :
外食(とくにファーストフードみたいなチェーン店)はあまり行かない私だけど、松屋なら・・・・と思ってしまいます(笑)
でも、毎日松屋に行くとして・・
一色580円くらいとして・・・
4万円じゃ、2か月以上通えますよね。
・・・塩分取り過ぎるから、気をつけないと!!!
松屋は美味しいけど、一食で一日分以上の塩分取れちゃうことをお忘れなくっ!

★To たっぱ :
私も最初、「何につかった?」という答えを
「彼氏に貢いだ」
「ケータイ電話で喋りすぎた」
っていうあたりを想像していましたが、それが雑貨屋でお買い物だと思うと・・妙に安心。

大学時代に、頼まれてお座敷コンパニオンのバイトをしたことがあります。
目の前に札束がとぶ日もありました。
同級生で、そのままお金の価値観がかわってしまい、どんどん深みにはまって学校をやめた人もいました。
私は・・・目の前のお金が怖かったなぁ。
だから頼まれたときしか働かなかったけど、酔っぱらった男のひとって怖いなっていうのを学習できたのがメリットだったかも。
今では私が酔っぱらいだけど(笑)

★To 秋田のお局 :
一か月4万円の食費って、narumiちゃんちは一家4人だっけ?それでやりくりできちゃうなんて、narumiちゃんは偉いのだよ。
そもそも、一か月4万円も使える状況にあることがすごいと思いつつ、でもママが怒ってくれたらしいことに妙に安心してしまった私です。
4万円を自由につかえるって、独身じゃなかったら無理よね、きっと。
家族がいたら、自分のものより子供のものでしょ?(そうやって育てられた私)
今、振り返るととっても有難かったから、もう私のものは何もいらないから、自分のためにつかって!!と思うのに、何かしらいつも買ってくる母・・
これが親子ってものなんだろうな~と思う今日この頃。

★To ガッシー :
そう・・その通り。
みんながもっと消費すれば・・

この話のあと、ヨーカドーに行ったら、そこで働くお友達に会いました。
安売りでも全部売りつくすことが大事だと言ってましたが、私は値段を下げるのが当たり前になることが怖いよ~と思いました。

>安売りでも全部売りつくすことが大事だと言ってましたが、私は値段を下げるのが当たり前になることが怖いよ~と思いました。

そのとおりなのです。今の流通業界は、欠品させることがお客様への迷惑になる、というおかしな正義をふりかざして、仕入れすぎる。生鮮食品は、結果としてダンピングせざるを得ない。もちろん、そのダンピングをも視野に入れた仕入れをするから、一番の負担を強いられるのは生産者になっちゃう。

地元で評判の、ホンモノの漬け物をつくっている生産者にスーパーが目を付け、是非にもうちで販売させてください、と打診→OKして棚を確保してもらう(ホントは確保してやっている)→ところが天然の発酵を待って美味しくなる漬け物は、人様にだせないこともある→欠品する→お客様に迷惑がかかる(ホントは棚ががらんどうになるだけ)ってことで、欠品損害金を支払わされる、なんてことすらあるのだよなぁ。

精密機械や自動車、電化製品の部品等など、は欠品させてはダメなものだけど、生鮮食品は欠品するくらいじゃなければ、味、鮮度ともに保てない、そういった勇気ある仕入れをしてほしいものです。適正価格で品物が循環し、販売者も生産者・製造者もうかばれる環境をつくりださなかれば、生産者が、無理を強いしているがゆえに、淘汰されてしかるべき販売者の巻き添えをくらってしまう…

そうそう、最近、恥ずかしいけど、くだらない記事を書いているので、貼りつけときます。

★To たっぱ :
>生鮮食品は欠品するくらいじゃなければ、味、鮮度ともに保てない

長持ちさせるために、妙なものが入っているってことがやっと最近意識されるようになった気はするけれど、なかなか生活の中で定着しないみたい。
世の中みんな、わがままになってきてしまった結果がこういうことなんでしょうね。

こういう流通の仕組みの犠牲になっている人と話をしていると、いつも選挙に出たくなります(笑)

見てきました♪たっぱさんらしかった♪
お料理上手なんだから、そういうのも見たいです。極上の切干大根レシピを是非!

「ぬぁ~にぃぃぃ~!?」だよね!

高校生がブランドの財布持っていたり1万円札を涼しい顔で出す時は・・・ムカッと!来るよー


★To 直人 :
だからいつまでも扶養家族でいた方が楽だ~
って思っちゃいそう。
とりあえずこの高校生のママ、怒ってくれる親で良かったねって思いました。(もうちょっと早く怒っても良かったんじゃないかとも思うけど)

この記事へのコメントは終了しました。

« 身体が喜ぶ♪(野菜亭) | トップページ | タローさんの言葉 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ